かかり付けの皮膚科医の先生について

幼少期から患っている口唇ヘルペスがあり、皮膚科にかかりつけ医がいます。
大阪の城東区の皮膚科なら福永記念診療所ではと大抵忙しさなどによるストレス状態が原因で口唇ヘルペスが出てきてしまい、受診することになるため、主治医の先生とお会いするときは先生もカルテを見てすぐに「この患者は口唇ヘルペスの症状で来ている可能性が高い」と分かっていらっしゃるようです。その為、透析では人気の府下病院へ診察開始時に「いつから症状がでていますか?」という風に話してくださいます。こちらも、口唇、つまり唇の端に大きなヘルペスができていて話すことすら億劫になってしまっていますから、兵庫県下の伊丹で人気の病院なら診察中の会話がスラスラ最低限に進んでいくのがすごくありがたいです。患者の症状が診察に来た段階上である程度把握されている、これがやはりかかりつけ医のすごく良い点だと感じます。
また、腎臓の病気をケアし、腎機能の低下を口唇ヘルペスにたいしても診断がはっきりされていて、症状が出て早めに病院に診察にうかがえた時では抗生剤などの服薬で水泡にならないと思います、というようにかなり詳細にどうやって快方に向かっていくかについてを話してくださるのが安心できます。
また、ロボットスーツHAL®(ハル)の展望の踏まえ皮膚科の先生ということもあってその他の肌の異常を見つけるとニキビであってもすぐに診てくださいます。それもすごくありがたいです。