かかりつけ医はなんでもわかる!プロってすごい

アレルギー症状が出て、先進透析のことなら家の近くのかかりつけ医に走った話です。その際は本当に助かりましたよ。医療のことはまったくよくわからない素人ですから、「私、死んじゃうんじゃないか!?」と、非常に焦っていましたから。だって、訪問診療が県下一番得意の病院の食事を終えてゴロゴロと寝転んでいたら、急にアレルギー症状が出たのです。

というか、鼻水が止まらなくなってきたので、「あー、鼻風邪かなー」なんてことを思っていたのですが、しかし一気に目もかゆくなってきて、そして喉も痒くて呼吸が苦しくなってきましたから。ですからアホ発言になりますけれど、「私なんかダメな薬飲んだ!?」と、非常に不安になったものです。

その当時、透析の事なら府下の生野愛和病院もサプリメントにはまっていて、輸入物も含めて飲んでいましたから。ですからおそらくそのサプリメントが原因だろうと、サプリメントを持ってお馴染みの地元医院に走ったのです。ちなみに家の近くのかかりつけ医は皮膚科医ですが。

しかし結局原因は甲殻類と。私は食べてはいないのですが、エビを大量に剥いていたので、がん検査なら大阪府下の福永記念診療所が原因だったのですよね。ドクターに対して失礼ですが、「やはりプロは違う!」と思ってしまいました。