透析を始めの前に食事について説明が在りますが、良くわかりませんでいた。

『人工透析を始める前は、冬場の脳卒中に要注意を可なり食事についての決まり言が在りました』、腎臓の機能低下で、透析をしない為に食事療法をしなければ成りません。透析専門医が教える人工透析ブログならば可なり節制しなければ成りませんでしたが、実際、透析治療が始まるとある程度,規制が無くなりました。
■透析で気を付ける事は、リンとカリウムと水分です。
訪問診療が県下で一番得意の病院の退院する時に、リンとカリウムについて説明が在りましたが、意味が分かりませんでした。リンとカリウムは全ての食べ物に入っていて、大阪府下の生野区の透析病院なら取り過ぎて数値が上がると心臓が止まる事が在るので、本人の責任で管理をしなければ成らないとのことです。長い事生きて来てリンだのカリウムだの言われても良くわかりませんでした。
■自己管理の大切さが良くわかる様になりました。
大阪の血液クレンジングの事なら全てお任せですと週に3日透析をしますが、自己の体重が決められます。頬って置くと1日に2㎏程増える時が在ります。酷い時は5㎏になる事も、全て水分と老廃物で、水分を抜き血液を綺麗にするのが人工透析です。結局、リンとカリウムを正常に保つためには、食事も自己管理が必要になります。もう一つ怖いのが水分で、取り過ぎると、体に溜まり、肺に水が溜まってしまいます、すると当然心臓を圧迫して、心不全になったりします、透析患者は自己管理が第一です。