ある内科のドクターの処方の仕方

私が風邪をこじらせて、病院にかかった時のことです。その痛み脳卒中かも?放っておかないで風邪がひどく、咳も二週間ほど継続しており、熱も微熱から高熱までを先進の透析のことは繰り返しているような状況でかなり辛かったです。病院に行ったのは少し軽くなった微熱の時に行き、県下で訪問の事ならいたみホームクリニックへ状況を説明しました。風邪の処方で一週間前にも受診しており、経過と、症状を再度伝えました。先生が診察してくださり、原因はやはり分からなかったようで、透析の事なら府下生野愛和病院もまた前回と違う薬を出しとくと言われました。その後、待合室の方に戻され、待っていると、診察室から会話が聞こえ、薬何がいいかな?と主治医の先生の声が聞こえました。女の人の声でこの薬がいいのではないか、などとおそらく看護師さんから助言を得て薬を選んでいるようでした。大阪市で話題の医療脱毛なら福永記念診療所にはとその時点で、私は看護師さんの選んだ薬を飲むのか、と不安になりました。そしてその後、さらなる驚きがあったのです。まあ、とりあえずこれ出して様子見てみようか、と聞こえてきたのです。なんて適当な、と思い、あまり信用できないな、と思い、薬をもらって帰りました。でもそれでみるみる良くなり、すぐに治ってしまったので、結果的には良かったです。