病院の主治医の先生には人柄も求めたい

病院において、人格に問題があるような人が主治医の先生になってしまいますと、本当にもう毎回の診察が憂鬱なものです。「ものの言い方ってあるでしょ!」と、思わず怒鳴りたくなるようなドクターだっていますからね。そのような人が主治医の先生になってしまったら、本当にもう最悪だーというものですよ。

「医師に人柄は関係ない、何より腕だ」という意見があるのもわかります。私も確かにそう思いますよ。しかしながらドクターとしての腕が「普通」「すごい名医って感じでもないし」といったレベルでしたら、そりゃあ人柄の良し悪しを求めてしまいますよ。

やっぱり人柄がいいドクター、人当たりのいいドクターに主治医の先生になってほしいですから。処置時間よりも診察時間の方が実は長かったりしますからね。その際に、いやーな感じのお医者さんでしたら、やっぱり憂鬱になってしまいますもん。ですからやっぱり、主治医の先生には人柄だって求めてしまいますよ。