いろいろな患者さんが入院している総合病院病棟

私が急性膵炎で入院した時に、大部屋だったのですが、向かいのベッドに認知症の女性患者さんが入ってこられて、ちょっと大変だなと思いました。総合病院なので、いろいろな患者さんが入院しているのです。足を骨折した女性もいましたし、糖尿病の患者さんもいらっしゃいました。
私は膵炎だったので、とても痛くて、夜中に眠れず、ずっと点滴を打ったままの状態でした。
するとやっとウトウトできるようになってきたところで、その認知症の患者さんが私のことを自分の娘だと思い込んで、足を揺すって起こすのです。そして娘の名前を呼びながら、私を起こすので、「違います」と言うと、「なんで違うなんて言うのよ」と言って私の足を揺すって起こすのです。そこで、私はナースコールを押して、看護師さんに来てもらいました。その女性は看護師さんに促されて、ベッドに戻りましたが、本当に色々な患者さんが一緒の病棟に入院しているのだなと改めて感じるとともにどうにかして欲しいと思いました。